2013年03月19日

はじまりのはじまり

GID クリニックに通い始めて、そろそろ 9 年になる。

今日、ようやく二人目の医師による診察を受ける運びとなり、診察を受けてきた。

40 分ほどお話させていただいた。これまでの経緯、発達障害のために GID の辛さが伝わりにくかったこと、身体への強い違和感、これからの希望。

結果、「GID 中核群ではないものの、強い性別違和感が長年継続していることから考えて、GID と診断して間違いないと思う」とのご意見をいただいた。委員会の承認を経て、ようやく診断が確定することになりそうである。

まだ確定ではないものの、ようやくスタートラインに立てたんだなぁ、と胸をなでおろした。長い道のりだったし、随分と回り道もしたけど、それがあったから今があるんだと思ってる。

スタートラインに立てそうではあるものの、道はまだまだ長いし、もとより終着のない旅ではありますが、確実に歩を進めていこうと思います。

posted by Red cat at 13:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック