2011年01月18日

人を好きになるということ

Twitter との連携が上手く行っているかの確認も兼ねて久々に。

昨年 12 月に GID 当事者交流会に参加してきた。テーマは「初めての○○」。各々の「初めて」にまつわる話を順々にしていくというものだった。この日は軽食が用意されたこともあって、割と和やかな雰囲気だった。

そうこうしているうちに終盤になって、ここで「うーん…」と考えさせられる話題が出てきた。とある FtM さんが「初めて男性を好きになった」という話を始めたのである。

聞いている限りでは、恋愛感情とはまた違って、いわゆる兄貴分として慕いたい、という気持ちが強いらしいのだが、我々の場合、身体的・あるいは戸籍上の性が心の性と違うから、一筋縄ではいかない。

結局、無茶はしないように(焦ってホルモン療法に手を出さない etc...)、ということで話は落ち着いたのだけれど、いろいろ考えさせられる話だった。

かく言う私だって、MtF だから男性が好きなのか、と言われればそうとも限らないし、GID ならずとも、複雑な問題である。

posted by Red cat at 20:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック